脱メタボ指導で医療費3割減に 厚労省、糖尿病など検証

2014/11/21付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は、40~74歳の健康保険加入者向けの特定健診(メタボ健診)や特定保健指導が、医療費を抑える効果について、検証結果をまとめた。糖尿病などの3つの生活習慣病でかかる1人あたりの医療費は、保健指導を受けた人が受けない人に比べ3割程度低いことがわかった。

厚労省が21日に開いた特定健診・保健指導に関する検討会で明らかにした。検証では内臓脂肪(メタボリック)症候群に関わる高…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]