/

この記事は会員限定です

シャープ再建、革新機構主導で大筋合意

銀行支援最大3500億円

[有料会員限定]

シャープが官民ファンドの産業革新機構主導で再建を目指すことが固まった。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の主要取引2行は革新機構が示した再建案を受け入れる方針だ。2行は実質的な債権放棄などで最大3500億円の金融支援を実施。革新機構はシャープ本体に3000億円超を出資した上で液晶事業を分社、2018年をメドに同業大手のジャパンディスプレイ(JDI)と統合する。機構はシャープの事業再編を進め、国内電機産業の競争力を高める。

革新機構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン