日本、南シナ海巡る判決棚上げ警戒 中比首脳会談で

2016/10/21 23:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政府は、中国とフィリピン両首脳が南シナ海を巡る対立を棚上げすることで合意したのを受け、国際司法判断の棚上げにつながりかねないと懸念している。フィリピンに対し、紛争当事国として仲裁裁判所の判決を尊重するよう働きかけ、中国による南シナ海への進出では引き続き、フィリピンと連携することを模索する考えだ。

「仲裁判断はまさに最終的で紛争当事国を法的に拘束するので当事国は従う必要がある」。菅義偉官房長官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]