2018年8月18日(土)

日揮・住商など、中央アジアで2兆円受注 ガス田や発電
首相歴訪で交渉後押し

2015/10/22 2:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 安倍晋三首相が22日から訪れる中央アジアで日本企業による大型プラントの受注に向けた交渉が大きく前進する。日揮や三菱商事など5社はトルクメニスタンで天然ガス関連の1兆円規模のプラントの受注で現地企業と基本合意する。日本企業の中央アジアでの受注総額は2兆円規模になる見通しで、資源が豊富な各国との経済協力を深める。

 首相は22日から28日までモンゴルと中央アジアのトルクメニスタン、タジキスタン、ウズベ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報