企業の二重課税紛争、2年で解決 OECDとG20方針

2015/7/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済協力開発機構(OECD)と20カ国・地域(G20)はグローバル企業への2国間の二重課税の問題を、原則2年程度で解決する新しいルールをまとめる方針だ。企業が二重に課税を受ける問題は解決に時間がかかり、経営のリスクになっている。迅速に解決して国際的な企業活動を円滑に進める狙いだ。第三者による仲裁機関の設置も検討し、早期解決に向けた体制を整える。

企業が本国と子会社のある進出国の2カ国から二重に課…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]