/

太田氏、定年例外で出馬へ 公明が9人を1次公認

公明党は21日の中央幹事会で衆院選の第1次公認候補として小選挙区9人を決定した。太田昭宏前代表(71)は実績などを考慮し「任期中に69歳を超える場合は原則公認しない」とする定年制の内規の例外扱いとした。

1次公認は次の通り。(いずれも現職。敬称略)

【北海道】10区 稲津久

【東京】12区 太田昭宏

【神奈川】6区 上田勇

【大阪】3区 佐藤茂樹▽5区 国重徹▽6区 伊佐進一▽16区 北側一雄

【兵庫】2区 赤羽一嘉▽8区 中野洋昌

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン