/

配偶者への相続優遇、法制審で議論 16年にも民法改正

法制審議会(法相の諮問機関)は21日、民法の相続関係規定に関する部会の初会合を開き、配偶者の遺産相続を手厚くする民法見直しの議論に着手した。1年程度かけて答申をまとめる予定で、法務省は早ければ2016年の通常国会での民法改正を目指す。

夫婦のどちらかが死亡した場合でも、配偶者が住み慣れた家に暮らせるよう居住権を保障することや、夫婦が協力してつくった財産については配偶者の取り分を増やす仕組みを導入することなどが柱になる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン