国会9月下旬まで会期延長 与党、安保法案成立めざす

2015/6/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

与党は21日、会期末を24日に迎える今国会の会期を9月下旬まで約3カ月の大幅延長に踏み切る方針を固めた。自衛隊の活動範囲を広げる安全保障関連法案の今国会での成立を確実にするため、十分な審議時間を確保する狙いだ。22日に自民、公明両党の党首会談を開いて正式に決定し、同日中に衆院本会議を開いて議決する。

自民党の谷垣禎一幹事長は21日、山形市内の講演で「国会で十分議論し、国民に納得してもらわないとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]