朝夕は保育士1人でOK 厚労省検討、待機児童解消後押し

2015/7/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は保育所にいる子どもが少ない朝夕に限り、設置を義務付ける保育士の数を現行の2人から1人へと減らす検討に入った。代わりに、資格はないが保育業務の経験のある人を1人置くよう求める。保育士は慢性的に不足しており、人材の有効活用で補う。

厚労省令では1つの保育所あたり最低2人以上の保育士を置くことを義務付けているが、人材確保が難しくなっている。

厚労省は4月から、一部地域で試験的に朝夕だけ保育…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]