「共謀罪」法案を閣議決定 テロ準備段階で処罰

2017/3/21 11:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は21日、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。犯罪の実行を目的とする「組織的犯罪集団」がテロなどの犯行を計画し、メンバーが現場の下見や資金調達などの準備を始めた段階で処罰する。殺人や放火など277の重大犯罪が対象。野党は恣意的な捜査につながる懸念を示しており、国会審議は激しい論戦になりそうだ。

政府は過去3回、「共謀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]