/

この記事は会員限定です

国民年金、納付率に地域差 事務所別に目標検討へ

厚労省

[有料会員限定]

国民年金の納付率が地域の年金事務所ごとで大きくばらつきがある実態が21日、明らかになった。保険料納付を免除されている低所得者も「保険料を納めていない」とみなす実質納付率は2013年度時点で、最高が63.4%、最低が17.2%だった。地域差が大きく不公平感が広がりかねない。厚生労働省は納付率向上に向け事務所別の数値目標をつくる検討に入った。

自民党行政改革推進本部の無駄撲滅プロジェクトチーム(河野太...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン