政府、ホワイトハッカー25人前後採用 15年度

2015/2/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は情報セキュリティー技術にたけた「ハッカー」と呼ばれる技術者を2015年度に25人前後採用する。公募したりハッカー大会の優秀者をスカウトしたりして、サイバーテロ対策を統括する内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の任期付きの職員や研究員にする。専門人材を増やし高度で実務的な防御体制づくりを急ぐ。

高度な技術を公共に役立てるハッカーは「ホワイトハッカー(正義のハッカー)」と呼ばれる。政府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]