/

慰安婦問題「新たな談話を」 自民、政府に要請へ

自民党は21日の政務調査会の会議で、戦後70年にあたる来年に、従軍慰安婦問題に関する新たな官房長官談話を出すよう政府に求めることを決めた。高市早苗政調会長が来週にも菅義偉官房長官に要請する。高市氏は政府が公表した河野談話の検証結果を踏まえ「事実に基づく新たな談話を発出してほしい」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。

会議では出席者から「海外へ慰安婦問題の検証結果の発信を強化すべきだ」との意見が相次いだ。朝日新聞が従軍慰安婦を巡る報道の一部を取り消したことについても意見交換し「関係者を国会に招致すべきだ」との声が上がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン