/

この記事は会員限定です

和牛輸出100億円到達 1~10月、アジア需要開拓

[有料会員限定]

国産牛輸出が伸び続けている。2016年1~10月の輸出額は前年同期比18%増の100億円に到達した。農林水産省などは年末までに120億円に届くとみており、過去最高だった15年の110億円を超える公算が大きい。アジアでの需要を順調に開拓し、日本の農産物輸出の主力品目に成長しつつある。

和牛の輸出先は香港やシンガポール、米国などだ。いまや日本の農産物輸出のけん引役で、加工食品や酒類を除くと、リンゴ(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン