/

この記事は会員限定です

「人への投資」の虚実 教育政策データで読む

[有料会員限定]

安倍晋三政権は教育無償化を将来を担う「人への投資」と位置づける。財政状況が厳しい中、無償化にかかる兆円単位の支出は大きい。費用対効果はどうなのか。

▼日本の教育に対する財政支出は国内総生産(GDP)の3.5%で、経済協力開発機構(OECD)平均の7割

自民党で大学教育の無償化を求める議員は「日本の教育への財政支出は世界的に低い」と主張する。日本の教育支出に占める私費の割合は28%にのぼり、OECD平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン