羽田孜氏が死去 非自民連立政権で首相

2017/8/28 13:32
保存
共有
印刷
その他

羽田孜(はた・つとむ)元首相が28日午前7時6分、東京都内で死去した。82歳だった。東京都出身。政治改革の実現を唱えて自民党を離党し、1994年に非自民連立政権で首相を担ったが、在職日数は現行憲法下で最短の64日間だった。葬儀・告別式は9月8日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で執り行う。

衆院本会議で代表質問する羽田孜氏(1997年)

羽田氏は1935年8月生まれ。成城大経済学部卒業後、バス会社でのサラリーマン生活を経て69年衆院選で初当選した。94年に非自民連立政権で首相に就任したが、自民、社会、新党さきがけ3党によって在任64日間で内閣総辞職に追い込まれた。

自民党時代は竹下派七奉行の一人として活躍。党選挙制度調査会長として小選挙区比例代表並立制の導入を主張、政治改革推進派の中核となった。竹下派分裂時には現自由党共同代表の小沢一郎氏と行動をともにして羽田派を結成。93年6月、離党して新生党を結成、党首に就いた。

94年6月、首相退任後、新進党に参画。党首選に立候補するが、小沢氏の支持を得た海部俊樹氏に敗れた。これをきっかけに小沢氏との関係はこじれ、96年衆院選の新進党敗北後、太陽党を結成。98年には当時の民主党結党に合流して幹事長に就任した。

半袖背広姿「省エネスーツ」の愛好者として知られた。「永田町政治」を嫌い、正論で押し通す頑固さもあった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]