/

この記事は会員限定です

手術ロボなど医療機器、20年に輸出1兆円 政府計画

重点5分野

[有料会員限定]

国産の医療機器の開発加速と輸出拡大を狙い、政府が初めてまとめる基本計画が分かった。手術支援ロボットシステムや人工臓器など開発を重点的に後押しする5分野を定め、企業や研究機関への支援を拡充する。2020年に11年比2倍となる1兆円の医療機器の輸出をめざす。月内にも閣議決定する方針だ。

医療機器の世界市場は新興国の経済成長を受けて拡大。17年に07年の2倍超の4344億ドルになるとの予想もある。米ゼネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン