軽減税率「酒除く全食品は困難」 自民税調会長
17年4月導入を明言

2015/10/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の宮沢洋一税制調査会長は20日、日本経済新聞などのインタビューで、2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際の軽減税率導入を明言したうえで、対象品目を公明党が掲げる「酒を除く飲食料品」とするのは困難との認識を示した。減収規模は1兆円を下回る見通しだ。

当初は企業の事務負担が少ない簡易な経理方式を採用し、段階的に欧州で普及するインボイス(税額票)の導入をめざす考えも表明した。

与党は11…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]