憲法9条に自衛隊明記 自民衆院選公約
アベノミクスなど5本柱

2017/9/21 1:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党は20日、安倍晋三首相(党総裁)が提案している憲法9条に自衛隊を明記する改正案を選挙公約に盛り込む方針を固めた。自衛隊の根拠規定を明文化し、違憲論を払拭する狙いがある。北朝鮮への圧力強化や、時間でなく成果で評価する脱時間給制度の実現、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の加速など5つの柱を重点公約に掲げる。

憲法9条改正を巡り、首相は5月、1項と2項を維持したまま自衛隊を憲法に明記する案を提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]