2018年6月20日(水)

介護職の外国人に在留資格 衆院委で法案可決

2016/10/21 11:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 衆院法務委員会は21日、介護福祉士の資格を持つ外国人に在留資格を認める出入国管理・難民認定法改正案を自民、公明、民進など各党の賛成多数で可決した。日本で働きながら専門技術を学ぶ「技能実習制度」でも、介護を学びたい人を対象に加える。人手不足が深刻な介護で外国人の受け入れ拡大にかじを切る。今国会で成立後、1年以内に施行する。

 技能実習制度を拡充する外国人技能実習適正実施法案もあわせて可決した。ともに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報