/

首相の施政方針演説、民進代表「国民の関心事に触れず」

民進党の蓮舫代表は20日、安倍晋三首相の施政方針演説について、文部科学省の組織的な天下りあっせん問題などに触れ「今、国民が関心を持っていることに全く触れていない」と批判した。働き方改革や子育て支援についても「中身が全て中途半端か財政措置が小さい。国民が望んでいる成果を出すにはなかなか至っていない」と述べた。

共産党の志位和夫委員長は実質賃金が伸びていない点などをあげて「都合の良いことだけを並べ立て、都合の悪い事実は一切触れない不誠実な演説だ」と批判した。

首相が憲法改正に触れて与野党の議論促進を呼びかけたことに関し、蓮舫氏は「行政府の長が、立法府の与野党の合意事項を飛び越して課題を指摘、指示することはあってはならない」と反発した。志位氏は「改憲を強要している」と指摘。安倍政権の下での憲法改正について「野党が結束して断固阻止していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン