/

タクシー初乗り410円、都内で1月30日から 6.5キロ超は値上げ

国土交通省は20日、東京23区で2017年1月30日からタクシーの初乗り運賃を下げると発表した。現行2キロメートル730円を1.052キロメートル410円に変更する。約1.7キロメートルまでの短距離の運賃はいまより下がり、6.5キロメートル超の運賃は上がる。タクシーの需要が低迷するなか、短距離利用の「ちょい乗り」需要を掘り起こしたい考えだ。

23区と三鷹市、武蔵野市に適用する。初乗りの走行距離を超えると237メートルごとに80円加算。初乗り410円は上限で、380円、390円、400円の設定も可能だ。事業者が新運賃を国交省に届け出る。

東京ハイヤー・タクシー協会は20日、「訪日外国人や高齢者などの需要を開拓したい。東京のタクシー運賃は高いという国際的なイメージを払拭したい」とした。初乗り運賃下げの動きは東京のみ。名古屋や福岡は値上げの検討が進んでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン