/

この記事は会員限定です

TPP存続へ協調演出 首脳会合、トランプ氏を警戒

(更新) [有料会員限定]

【リマ=地曳航也、八十島綾平】環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する12カ国は19日午後(日本時間20日未明)、首脳会合をペルーの首都リマで開いた。TPPの重要性を改めて確認し、発効に向けた国内手続きを進めるべきだとの認識を共有した。各国はひとまずTPP存続へ協調を演出したものの、トランプ次期米大統領の出方を見極めたいとの機運は根強く、発効が厳しい状況は続く。

TPP参加国首脳会合は、19日午後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン