/

「身勝手な解散」 野党が批判

野党は安倍晋三首相が衆院議員の任期満了まで2年あまりを残して衆院解散・総選挙に踏み切ることについて「大義がない」と批判している。解散の理由にしている消費税率の10%への引き上げの先送りは野党各党も主張しており、争点にならないと訴えている。

民主党の枝野幸男幹事長は20日の記者会見で「大義がない身勝手な解散だ。首相は少し焦っているのではないか」と語った。さいたま市での街頭演説では「党利党略だ。首相が国民から厳しいしっぺ返しを食らうようにしないといけない」と力説した。

維新の党の江田憲司共同代表は記者会見で「野党はこぞって消費増税先送りに賛成だ。なぜ700億円もかけて選挙をやらないといけないのか」と述べた。次世代の党の山田宏幹事長は国会内で記者団に「解散すべきでない。増税の時は信を問うべきだが、減税や増税しないことで信を問うケースはない」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン