/

この記事は会員限定です

安保関連法、説明「不十分」78% 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、安全保障関連法への理解が広がっていない現状が改めて浮き彫りになった。政府の安保法に関する説明は「不十分だ」が78%で「十分だ」は12%。今国会成立を評価する層でも、説明が不十分との見方が多い。安保法に限らず、重要政策で世論が割れる傾向も鮮明になっているが、野党の支持率は伸びず、受け皿になっていない。

安保法に関する政府の説明は、内閣支持層でも「十分だ」が28%、「不十分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン