/

安保法廃止へ市民連合設立 「大きなうねり作りたい」

安全保障関連法に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」など5つの団体の有志が20日、都内で記者会見し、安保法廃止を公約に掲げる野党や無所属候補を支援する組織「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を設立したと発表した。

来春の衆院北海道5区補選で野党統一候補を支援し、参院選でも1人区で野党統一候補の擁立を促す。米軍普天間基地の辺野古移設や原発再稼働に反対する候補者も支援する。

シールズのほか「安全保障関連法に反対する学者の会」「安保法制に反対するママの会」などが参加。「学者の会」有志の佐藤学・学習院大教授は「参院選は野党共闘だけでは勝てない。市民連合が大きなうねりを作り、無党派層に新しい政治への希望を与えたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン