/

安倍首相、ガザ復興などに1億ドル支援 アッバス議長と会談

【ラマラ=坂口幸裕】安倍晋三首相は20日、パレスチナ自治政府のアッバス議長と議長府で会談した。首相は昨夏のイスラエル軍による空爆などで甚大な被害を受けた同自治区ガザの復興や農業や観光といった経済振興などを後押しするため、1億ドル(約118億円)を新たに支援すると伝えた。イスラエルとの和平交渉の停滞に懸念を示し、早期に再開するよう促した。

日本政府は1993年以降、計15億ドルにのぼるパレスチナへの経済的支援を実施してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン