萩生田副長官「強い憤り」 文科省確認の新文書

2017/6/20 14:10
保存
共有
印刷
その他

萩生田光一官房副長官は20日、学校法人「加計学園」による獣医学部新設計画を巡り、文部科学省が同日発表した同氏の発言概要とされる新たな文書について「このような不正確なものが作成され、意図的に外部に流されたことについて非常に理解に苦しむ。強い憤りを感じている」とのコメントを文書で発表した。

新たな文書は萩生田氏が同省幹部と面会した際の発言とされ、「総理は『平成30年(2018年)4月開学』とおしりを切っていた」などと、早期の開学が安倍晋三首相の意向であることをほのめかす内容。

萩生田氏はコメントで「いわゆる加計学園に関連して、私は総理からいかなる指示も受けたことはない」と指摘。「具体的に総理から開学時期および工期などについて指示があったとは聞いていないし、私の方からも文科省に対して指示をしていない」とした。

新文書は、和泉洋人首相補佐官らと協議したことを文科省側に伝えたうえで迅速な手続きを促す内容も記されている。萩生田氏はこれについても「加計学園の便宜を図るために和泉補佐官や関係省庁と具体的な調整を行うとか、指示を出すことはあり得ない」と否定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]