/

学者150人「安保法案、廃案に」 益川氏ら強く批判

幅広い専門分野の研究者でつくる「安全保障関連法案に反対する学者の会」が20日、東京都内で記者会見し、廃案を求める声明を発表した。呼び掛け人でノーベル物理学賞を受賞した益川敏英京大名誉教授は「首相の判断で戦争ができる法案だ」と強く批判した。

会見には上野千鶴子東大名誉教授(社会学)、池内了名古屋大名誉教授(宇宙物理学)、山口二郎法政大教授(政治学)、吉岡斉九州大教授(科学史)ら約150人の学者が参加。会見の最後には、全員で立ち上がり「違憲」と書かれた紙を掲げ「廃案に向けて頑張るぞ」と気勢を上げた。

益川氏は「憲法9条を改正しなければできない戦争を、安倍晋三首相が『有事』と思ったらできるようになる。とんでもない話だ」と強調した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません