2019年7月21日(日)

ISS飛行士枠を東南アにも 政府、米に提案へ
宇宙利用で中国に対抗

2015/8/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政府は宇宙利用の研究協力で東南アジア諸国連合(ASEAN)の取り込みを強める。国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士の搭乗枠をASEANに与えるよう米国政府に要請する。日本の実験棟「きぼう」での共同実験を想定している。宇宙分野の共同研究や人工衛星の輸出などでも連携を強める。宇宙利用でアジアへの影響を強める中国に対抗する。

国の宇宙政策を立案する内閣府の宇宙政策委員会(葛西敬之委員長)は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。