/

「後継者いない」8割 個人経営の製造業、総務省14年調査

総務省がまとめた2014年の個人企業経済調査で、町工場など個人経営の製造業の82.3%が後継者を確保できていないことがわかった。個人経営の製造業の75.7%は事業主の年齢が60歳以上になっている。多くの町工場が廃業の危機に直面しているようだ。

同調査はさまざまな業種の個人企業の経営状況を把握するため毎年行う。集計した事業所数は製造業が約500、卸売り・小売業が約1300などとなっている。

製造業のうち仕事にパソコンを使っている事業所は35.7%だった。インターネットの利用も30.9%にとどまり、IT化の遅れが見て取れる。経営上の問題点に「原材料・仕入れ価格の上昇」を挙げる事業所が47.1%を占め、13年調査より5.9ポイント上がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン