/

この記事は会員限定です

ゲノム、創薬・治療に活用支援 政府がデータベース

[有料会員限定]

政府は生命の設計図であるゲノム(全遺伝情報)を活用した治療や創薬を支援する事業を始める。ゲノムの解析に取り組む企業や大学に研究費を助成し、がんや認知症との因果関係などの研究を促す。研究成果の検索データベースを2018年度にも稼働させ、産官学一体での効率的な創薬や遺伝子検査ビジネスなどの発展を後押しする。

日本の医療研究の司令塔、日本医療研究開発機構(AMED)が患者の「ゲノム情報」を検索できるデー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン