/

この記事は会員限定です

日本原燃の認可法人化検討 核燃再処理、国が責任

[有料会員限定]

経済産業省は、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル事業を手掛ける日本原燃=青森県六ケ所村=の経営形態を見直す。今夏に専門家による作業部会を立ち上げ、株式会社から認可法人にする方向で検討する。電力自由化による競争激化でサイクル事業は存続が懸念されている。経産省は同社への関与を強め、事業の維持を目指す考えだ。

原燃は原発から出る使用済み核燃料の再処理のため、原発を保有する大手電力9社と日本原子力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン