国内研修、コンビニも 外国人管理職の育成

2015/3/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は外国人労働者が日本で働きながら研修を受けられる制度の対象にコンビニエンスストアの管理職も加えるよう関係省庁に要請する。コンビニの海外展開が約2万店に達したことを踏まえ、アジアなどで複数の店舗を管理できる人材を育成することが柱だ。

経産省はセブン―イレブン・ジャパンなど各社とコンビニの成長戦略に関する研究会で調査報告書をまとめ、近く公表する。

コンビニの海外進出は中国の約3600店、タ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]