/

この記事は会員限定です

野党共闘へ半歩前進 参院選、5党協力合意

[有料会員限定]

民主、共産、維新、社民、生活の野党5党は19日の党首会談で、夏の参院選での協力で合意した。共産党は協力を進めるため、安全保障関連法の廃止などをめざす「国民連合政府」構想を一時的に棚上げする意向を表明。勝敗を左右する1人区の候補取り下げも念頭に置く。野党共闘は半歩進んだ格好だが、民主党には共産党との協力に否定的な声が根強い。

党首会談では、民主党の岡田克也代表が「安保法廃止を5党の共通目標にしよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン