/

この記事は会員限定です

自然保護に新税検討、1人毎日1円ずつ 住民税上乗せ案

[有料会員限定]

環境省は自然保護を目的とした新税を創設する検討に入った。2030年時点で温暖化ガス排出量を13年比26%減らす政府目標の達成を後押しする。国民全員に毎日1円ずつ住民税に上乗せするような薄く広い負担を求め、企業の拠出分も合わせて年間1千億円近い税収を見込む。

今夏の税制改正要望に盛り込み、来年度以降の税制改正に向けて今年末に政府・与党で議論する。早ければ18年度の導入をめざす。

環境省が新税の導入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン