1世帯の金融資産、3.4%増の1798万円 過去最高に

2015/5/19付
保存
共有
印刷
その他

総務省が19日発表した2014年の家計調査「貯蓄・負債編」によると、1世帯が持つ貯金や株式などの金融資産額の平均値は13年比3.4%増の1798万円だった。比較可能な02年以降、2年連続で過去最高を更新した。

調査は2人以上の世帯が対象。金融資産の内訳は株式や債券など有価証券が13年比4.6%増の251万円だった。株式の時価が高まり、保有額が膨らんだ。その他では、定期預金が4.7%増の758万円…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]