/

この記事は会員限定です

稲田氏の関与なぜ浮上、制服組に強い不満?

[有料会員限定]

南スーダンPKOの日報問題を巡り、稲田朋美防衛相の関与の疑いが浮上した背景には、稲田氏の関与が明確にならず、制服組といわれる陸上自衛隊が不満を募らせていたことが一因にあったようだ。

稲田氏は月内にも防衛監察結果を公表する。陸自のデータ残存を非公表にした経緯などについて明らかにする考えだ。

防衛省関係者によると、監察結果の原案には(1)2月15日に岡部俊哉陸上幕僚長が黒江哲郎防衛次官に陸自内にデータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン