自公、軽減税率を政権公約に 増税と同時めざす

2014/11/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民、公明両党は12月の衆院選に向けて共通の政権公約をまとめる。2017年4月に消費税率を10%に引き上げるのと同時に、生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の導入を目指す方針を盛り込む。財政健全化目標の堅持も明記する。野党各党は安倍政権の経済政策「アベノミクス」への対案を示して対抗する。民主党は子育て支援や雇用対策などで生活者重視を訴える。

安倍晋三首相の衆院解散表明を受け、衆院選は「12月2日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]