2018年5月24日(木)

70年談話、閣議決定見送り浮上 首相個人の見解に
中韓に配慮

2015/6/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話について、政府が閣議決定しない案が浮上していることがわかった。韓国や中国などが求める過去の植民地支配への謝罪などを盛り込まない代わりに、首相個人としての見解にとどめることで一定の配慮をみせる狙い。ただ、両国に理解されるかどうかは不透明で、今後の国際関係もにらみ首相が慎重に判断する。

 閣議決定は、全閣僚が閣議書に花押を書き、政府全体の意思とする行為だ。戦後5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報