/

この記事は会員限定です

インドネシアの特許情報、日本企業も迅速入手 出願しやすく

[有料会員限定]

特許庁は19日、インドネシア政府とお互いの特許情報を交換することで合意した。インドネシアでどのような技術が特許になっているかなどの情報を、日本企業が迅速に入手できるようになる。企業が現地で特許を出願する際により詳しい情報を手に入りやすくし、海外での特許取得を促す。

19日に開いた日本・東南アジア諸国連合(ASEAN)特許庁長官会合で合意した。当局間の特許情報の交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン