/

この記事は会員限定です

重要政策、理解進まず 集団的自衛権「賛成」29%

本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、安倍政権の重要政策に理解が進んでいない現状が鮮明になった。集団的自衛権を行使できるようにする法案の今国会成立に「賛成」は3割に届かず、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)を名護市辺野古沿岸部に「計画通り移設すべきだ」は36%にとどまった。原子力発電所の再稼働も反対意見が上回っており、より丁寧な説明が必要といえそうだ。

景気回復を
実感している実感していない
16%78%
消費増税後の1年で生活は
良くなった悪くなった変わらない
1%37%60%
消費税率を17年4月に10%に上げることに
賛成反対
31%58%
集団的自衛権行使に関する法案成立に
賛成反対
29%52%
米軍普天間基地の辺野古移設は
計画通りに見直すべきだ
36%47%
原発再稼働は
進めるべきだ進めるべきではない
30%58%

集団的自衛権は日本が直接攻撃を受けていなくても、米国な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン