2019年6月18日(火)

野党4党首、内閣不信任案の共同提出検討で一致

2016/5/19 10:40 (2016/5/19 11:42更新)
保存
共有
印刷
その他

民進、共産、社民、生活の野党4党の党首は19日午前、国会内で会談し、来年4月に予定される消費税の10%への引き上げに一致して反対することや、安倍内閣への不信任決議案の共同提出を検討することを決めた。次期衆院選での共闘に関しても具体化を加速する。

4党は(1)来年4月の消費増税へ反対する。その他の共通政策について一致点を確認し積み重ねていく(2)参院選のすべての1人区で統一候補を擁立し勝利に全力を挙げる(3)衆院選での「できる限りの協力」の具体化を加速する(4)内閣不信任決議案の共同提出を検討する――の4点で一致した。

不信任決議案を提出する場合の理由について民進党の岡田克也代表は会談後、記者団に「今後整理する」と述べるにとどめた。今後状況を見極めて提出を判断する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報