2019年2月24日(日)

5信組に公的資金注入 金融庁、計106億円

2015/11/18 20:55
保存
共有
印刷
その他

金融庁は18日、金融機能強化法に基づき信用組合の上部機関、全国信用協同組合連合会(全信組連)を通じて5つの信用組合へ公的資金を注入すると発表した。注入額は計106億円。全信組連は公的資金を原資に個別の信用組合を支援する制度を初めて使う。

全信組連はあかぎ(前橋市)に20億円、豊橋商工(愛知県豊橋市)に30億円、岐阜商工(岐阜市)に50億円、金沢中央(金沢市)に4億円、宮崎県南部(宮崎県日南市)に2億円の支援をする。国からの資本を受けて4信組には12月に注入し、金沢中央は来年3月に行う。

金融庁は2008年12月に金融機能強化法を改正し、信組の上部機関に公的資金を直接注入できるようにした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報