定員割れ私大の補助減額 財務省検討、経営改善促す

2017/8/20 1:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は定員割れの続く私立大学について、国からの補助金の減額・停止を検討する。私大の4割が定員割れの状態で、私大向け補助金の配分見直しで経営改善や教育の質向上を促す。一方、学術論文の公表などで高い評価を得る大学にはより手厚く配分する。若年人口の減少で学生獲得は厳しさを増しており、私大は再編や統廃合を迫られている。

財務省は2018年度予算に反映する考えで、文部科学省と協議に入る。私大への補助金は…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]