/

エコカー減税、対象の絞り込みを 地方財政審が意見書

地方財政審議会(総務相の諮問機関)は2017年度税制改正に向けた意見書を高市早苗総務相に提出した。環境性能に応じて自動車取得税を軽くする「エコカー減税」については、燃費の基準を引き上げて対象を絞り込むよう求めた。一定の税収を確保したい考えだ。

エコカー減税はメーカーの燃費性能の改善で対象車が増えやすく、現在は新車の86%が対象になっている。意見書では対象を20年度の燃費基準を10%以上上回る車に限定するよう求めた。現在のデータを前提にすると減税対象は新車の51%まで減る。

一方、ゴルフ場の利用者が1日約700円を払うゴルフ場利用税は維持するよう訴えた。自民党内からは「スポーツに課税するのはおかしい」と廃止を求める声があるが、意見書では営業や娯楽で行うケースも多く税を支払う余裕があると指摘。「ゴルファー減税は不適当」と廃止に反対した。

今年度導入した中小企業向けの機械・装置の固定資産税の軽減措置は、「対象のなし崩し的な拡大は厳に慎むべきだ」と現状維持を主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン