国保保険料、17年度に上限4万円増 厚労省案

2016/11/18 19:41
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は18日に開いた社会保障審議会医療保険部会で、自営業者らが加入する国民健康保険(国保)の保険料の年間上限額を2017年度に4万円引き上げる案を示した。加入者が国保とまとめて払う介護保険料と合わせ、93万円とする。引き上げた場合、4年連続になる。

厚労省の試算によると、上限額を払うのは単身世帯で給与収入が年1090万円以上の場合だ。国保の保険料は市町村によって額が異なるが、上限は国が一律で定める。支払い能力に応じた負担を求める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]