政府、米軍に南シナ海の監視強化要請 中国の西沙ミサイルで

2016/2/19 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島に地対空ミサイルを配備したのを受け、日本政府が米国に南シナ海での警戒監視活動の強化を働きかけたことが分かった。人工島周辺に艦船を派遣する「航行の自由」作戦の派遣頻度を増やすよう求めた。自衛隊は中国と領有権を争うベトナムやフィリピンと連携して同海域への関与を拡大、中国へのけん制を強める。

米太平洋軍のハリス司令官は17日、日本政府高官に「航行の自由作戦は今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]