シャープ出資3000億円超に 革新機構検討、鴻海に対抗

2016/1/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

官民ファンドの産業革新機構は18日、経営再建中のシャープに対する出資額を当初想定した2000億円規模から3000億円超に引き上げる検討に入った。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が買収額を引き上げたのに対抗し、機構も出資を増やして国主導による再建の流れを確実にしたい考えだ。

革新機構関係者が同日、明らかにした。シャープとみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の主力取引2行は機構と鴻海の案を精査したうえで月内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]