/

この記事は会員限定です

シャープ出資3000億円超に 革新機構検討、鴻海に対抗

[有料会員限定]

官民ファンドの産業革新機構は18日、経営再建中のシャープに対する出資額を当初想定した2000億円規模から3000億円超に引き上げる検討に入った。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が買収額を引き上げたのに対抗し、機構も出資を増やして国主導による再建の流れを確実にしたい考えだ。

革新機構関係者が同日、明らかにした。シャープとみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の主力取引2行は機構と鴻海の案を精査したうえで月内にも再建案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン