/

原発事故に備えた防災体制強化で提言 自民プロジェクトチーム

自民党の原子力規制に関するプロジェクトチーム(吉野正芳座長)は18日、原発事故に備えた政府の防災体制の強化を求める提言をまとめ、望月義夫・原子力防災担当相に提出した。内閣府の担当部門の増員や、事故時に避難者を受け入れることになる自治体への財政支援などを求めている。

提言では、原発周辺自治体の避難計画づくりを支援している内閣府のワーキングチームの機能を強化する形で「地域原子力防災協議会(仮称)」を設置することも要望。原子力規制委員会に対しては原子力災害対策指針の内容の充実、原発再稼働に向けた安全審査の体制強化を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン